FC2ブログ

プロフィール

猫好きトム

Author:猫好きトム
モルディブが大好きです!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルニド旅行記 その2 - 2011.12.11

エルニドへの出発の朝です!この日は6時に起きました。ANAホテルの部屋からの朝焼けです。
20111211_061426.jpg


エルニド ラゲンリゾートまでのルートは結構長いです。

成田 -> マニラ空港 -> エルニド空港 -> エルニドタウン -> ラゲンリゾート

成田出発が午前9時30分で、エルニドのラゲンリゾートに付いたのが夕方の5時半か6時だったので、時差1時間を計算すると計9時間くらいですかね。結構疲れました。

成田からマニラ空港まで

約5時間のフライトです。出発時間は9時30分で到着は現地時間で13時30分くらい。(現地時間は日本時間+1)
フィリピン航空を使いました。全座席にプライベートの小型モニターがついていて、数十本の映画を好きなタイミングで見ることができます。まだ上映されていない最新のやつはあまりなかったけど。数十本の映画があっても、5時間のフライトでは2本見れるか見れないかですね。
機内食は。。。。まあまあかな。チキンとビーフが選べて、私はビーフを食べました。あまり美味しいほうではないです。モルディブに行くときにいつも使うスリランカン航空に比べれば、座席は広めだし新しかったですけどね。

ペソへの両替はマニラ空港でしました。両替所に並んでいたら、怪しいおばさんが近づいてきて、日本語で両替ですか?こっちのほうがレートがいいですよと言って来た。確かに両替所よりはわずかにレートが良かったので、1万円だけ両替お願いしました。そしたら1万円だけ?私日本に子供いる。お金送らないといけない。もっと両替しない?といってきたけど、1万円しかほんとにいらなかったので断りました。ちなみに、ラゲンリゾートは個人へのチップはお断りなので、チップを払う必要はありません。お金を払うのは飲み物代と、お土産代くらいで、それにしても最後の清算の時にカードで支払えるので現金はあまりいりません。現金が必要なのは、行きと帰りの小型機の載せる荷物の重量オーバー分と、帰りのマニラ空港での空港使用料だけなので、1万円も換金しておけば通常は十分です。

マニラ空港からエルニド空港まで
まず、旅行会社の送迎の車でマニラ市内を通って小型機が発着する飛行場まで移動します。移動時間は10分くらいかな。
その小型機の飛行場で、荷物検査を受けます。ここで2つ注意事項。スーツケースにカメラ、カメラのレンズ、パソコンなどの貴重品が入っていると、手荷物に移動させられます。本人が別にいいと言っても。
次に重量制限があり、手荷物込みで1人10キロまでです。かなり少ないですよね。超過分に関しては、1キロごとに100ペソです。私たちはは夫婦で、荷物の重量が37キロだったので、37ー10x2=17キロの重量超過で、1700ペソを払いました。

荷物検査が終わると待合所に案内され、ジュースとかケーキとかを出してくれます。私達はジュースだけもらいました。
小型機はほんとに小さいやつで、座席は1人座りのやつが2列のみです。飛行時間は1時間15分くらい。

エルニド空港からエルニドタウンまで
エルニド空港はしょぼいです。滑走路も舗装されてません。牛もいます
空港のロビー?ではかわいいフィリピンのおばちゃんというかおばあちゃん達が歌でお出迎えしてくれます。
エルニド空港に着いたときは土砂降りの雨でした。。。この天気が続いたらどないしよとかなり不安な気分になってきました。
エルニド空港からエルニドタウンまでは、今まで私の人生では乗ったことがないような小汚いワイルドなバスで移動します。もうちろんエアコンなんか付いてません。移動時間は20分くらいかな。移動中民家にいる牛とか豚とかみれます。妻は動物好きなので大喜びしてました。

エルニドタウンからラゲンリゾートまで
エルニドタウンからはボートでラゲンリゾートまで移動します。
もうひとつのリゾートのミニロックとは別のボートになるので、ここでミニロックに行く人たちとはお別れです。この日はラゲンリゾートに行く日本人は私達だけでした。後はみんな韓国の方。ちなみに、エルニドのラゲンリゾートとミニロックは、韓国のハネムーナーにとても人気があるそうです。実際に多くの韓国人のカップルがいました。

まず、港から小さいボートに乗り、その後にすこし大き目のボート(それでも小さいけど)に乗り換えてリゾートに向かいます。
ボートからは、切り立った岩山のエルニドのすばらしい景色が見えて、気持ちが自然ともりあがっていきます!!
リゾートは岩山に囲まれた場所にあり、ほんとに秘密の場所みたいです。映画のビーチのような。到着したのは夕方なので、ランプの色の明かりに照らされて本当に幻想的です。着てよかったー!!って思いました。

リゾートに到着すると、ホテルのスタッフが踊りと歌で迎えてくれます。正直に言うと、疲れてるから早く部屋に案内してくれー!!って思ったけど、せっかくのホスピタリティなので、笑顔で終わるの待ちました:-)
基本的な説明を受けて部屋に案内されます。私達が泊まったのは水上コテージです。モルジブの水上コテージに比べると、ちょっと小さめです。でも十分いい感じです。ちなみにバスタブはありません。ベランダからの景色は最高です!!

この日はこの後に、夕食を食べてすぐ寝ました。夕食はビュッフェすたいるです。種類は思ったより少なかったかな。でも味は結構良かったですよ! 品数ばかり増やして味はひどい日本の温泉ホテルのバイキングに比べれば遥かにいいです。というか比べ物になりません。
夕食を食べた後も雨はやまず。。。次の日から晴れることを祈って眠りにつきました。

スポンサーサイト

<< エルニド旅行記 その3 - 2011.12.12 | ホーム | TOEICで900点超えた! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。