プロフィール

猫好きトム

Author:猫好きトム
モルディブと猫が大好きです!モルディブは10回行きました。
英語ができないのに外資系金融に無謀にも転職して、ITとして10年ほど働き、今は会社を辞めて猫と一緒に一休み中です。趣味は旅行とFXと猫を見ることです!英語の勉強は必要に迫られてずっとやってます。TOEIC935点です。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルディブ ヴェリドゥ その3(水中動画) - 2013.03

モルディブ ヴェリドゥでのシュノーケルの動画です。

[広告] VPS

水コテの下にいたギンガメアジの群れです。

[広告] VPS

シマハギの群れです。なかなか迫力がありました。今までやったシュノーケルで見た群れでは一番大きな群れでした。

[広告] VPS

パウダーブルーの群れです。これ見た時はちょっと感動しました!

[広告] VPS

島の裏側の桟橋からエントリーしたあたりのドロップオフです。サンゴも元気です。

[広告] VPS

このカメ人に慣れていて、全然逃げませんでした。
スポンサーサイト

モルディブ ヴェリドゥ その2(シュノーケル編) - 2013.03

今回はモルディブ ヴェリドゥでのシュノーケルについてです。

ヴェリドゥのサンゴはとっても元気です。今まで行ったリゾート(ミリヒ、カヌフラ、センターラ、フィリティヨ、ヴィルリーフ、ロイヤルアイランド、バンヤンツリー)の中では、ミリヒに次いでサンゴが元気だったと思います。

P3270138.jpg

P3290158.jpg
島の裏側の桟橋からエントリーしたドロップオフです。サンゴも元気だし、魚影も濃いです。

P3290142.jpg
クマノミもいました。

P3280075.jpg
お馴染み、シマハギの群れです。ここのは量がすごかったです。

P3280060.jpg

P3280036.jpg

P3280039.jpg
パウダーブルーの群れもいます。ここの群れはとっても立派でした。今までのリゾートでみたパウダーブルーの群れの中で一番かな。やっぱりモルディブはパウダーブルーの群れがいないと!

P3300213.jpg

P3280105.jpg
カメもいました。マイタイです。

P3260051.jpg
水コテの下に群れてるギンガメアジです。水コテ川のシュノーケルでは、これ以外には見るものなかったです。


P3280013.jpg
最後に、マンタトリップで見たマンタです。ずーっと下の方に泳いでたのでちょっと遠かったです。私たちが参加したマンタトリップではこの一枚しかみることができませんでした。前回のマンタトリップに参加した外人は4枚見たっていってました。


ヴェリドゥのシュノーケル、なかなか良かったです。サンゴもきれいだったし。水コテ側はギンガメアジしか見る者ないので、島の裏側の桟橋からのエントリーがおすすめです。元気なサンゴとたくさんの魚が見れます。
サメもカメも見れたし。ミリヒより良かったかも?

リーズナブルなリゾートなので、部屋も質素だし、食事もミリヒとかカヌフラに比べるとだいぶ寂しいけど、コストパフォーマンスはとってもいいです。一応オールインクルーシブだし。なかなかがんばってると思います。

アジア人の少ないリゾートで、水コテがあって、シュノーケルがなかなか良くて、オールインクルーシブがあるリーズナブルなリゾートを探している人は試してみては?

モルディブ ヴェリドゥ その1 - 2013.03

すこし前になりますが今年の3月25日から7日間のツアーでモルディブのヴェリドゥアイランドリゾートに行ってきたのでアップします。

ヴェリドゥアイランドリゾート(Velidhu Island Resort) はあり鑑賞北部にあるリゾートで、一周15分から20分くらいの島です。日本ではそんなには知られてないみたいですね。

私がここを選んだは、次のような理由です。

  • 水コテがある
  • 比較的リーズナブル
  • シュノーケリングがいい
  • アジア人が少ない(日本人も含めて)


ここは水コテがあるリゾートとしては、私が今まで行った他のリゾート(ミリヒ、カヌフラ、センターラ等)に比べるとかなりリーズナブルです。オールインクルーシブもあり、なんでも飲み放題というわけではありませんがビールやハウスワインは含まれています。
私たち夫婦は、ビールとハウスワインさえあれば満足なのでそこそこ幸せでした

アジア人は実際に少なくて、というか滞在中は私たちしかいませんでした。こんなの初めてです。ほとんどはヨーロピアンで、あとはスリランカ人らしき親子も少しいました。
なので、アジア人がいないモルディブのリゾートを探している人にはお勧めかも。ただし日本人のスタッフはいません。

P3310366.jpg
ヴェリドゥまではお馴染みの Maldivian Air Taxi で行きます。

P3280025.jpg
マンタトリップの船から撮ったスイコテです。

P3310364.jpg
またモルディブにやってきたーって感じです。これで何回目だろう?11回目?12回目?
もうほとんど中毒です。

P3290124.jpg
この看板(?)は正面の桟橋(水上飛行機が停まるところ)ではなく、島の裏側の桟橋のところにあります。

P3310357.jpg
島の地図です。

P3290125.jpg

P3290130.jpg
やっぱりモルディブはきれい!

P3270098.jpg
サンゴも元気です。ミリヒほどではないけれど、ヴェリドゥのサンゴもすごかったです。

P3270075.jpg
こんな感じで真ん中に桟橋があり、その両側に水コテがあります。水コテは一棟二室ですが、隣の音は全く気になりませんでした。

P3270077.jpg
水コテがある桟橋の先にある共用サンデッキです。

P3310351.jpg

P3310352.jpg
水コテの部屋はこんな感じです。少し古いけど、清潔だし使い勝手は良かったです。

P3260038.jpg
床のガラスは結構大きいです。私たちが泊まった水コテではあまりこのガラスから魚はみれませんでしたが。隣の水コテの下にはギンガメアジが渦を巻いてたので、床のガラスからたくさんのギンガメアジが見れたことだと思います。

P3310358.jpg
私たちが泊まった部屋にはバスタブはなく、シャワールームのみでした。バスタブがある部屋もあるらしいです。
まあ、私たちはモルディブではバスタブは使わないのでどっちでもよかったのですが。
シャワールームには扉があり、そこから外のデッキにでることができます。(その扉の開閉が結構大変でしたが)。
デッキには階段があり直接海に入れます。ただし!水コテ側の海は遠浅で、サンゴも魚もあまりいません。ギンガメアジの群れは見れますが。シュノーケルを楽しむには、水コテ側ではなく島の裏側の桟橋からエントリーした方がいいです。

P3310311.jpg
メインレストランです。禁煙席と喫煙席があるのですが、禁煙席の方は料理があるところ(ビュッフェ)には近いのですが、やや狭くて人も多くて混んでます。喫煙席の方が広くて人も少なくてゆったりしてる気がしました。

P3300193.jpg
ここは禁煙席側です。ビュッフェの場所は近いのですが、料理が近い分暑かったです。三食とも同じ席で食べます。なので、初日に席を選ぶときは慎重に!
料理の種類は他のリゾートに比べるとやや少ない気がしました。特にカルパッチョなどの前菜系が少なかったのは私たちにはかなり寂しかったです。味は全体的にはそんなに悪くなかったのですが。
まあ、値段を考えるとがんばってるほうだと思います。ミリヒやカヌフラのビュッフェとくらべちゃいけませんね。

P3310349.jpg

P3310347.jpg
ビーチ沿いにあるバーです。オールインクルーシブプランではここでビール、ハウスワインやソフトドリンクを飲むことができます。実は最終日まで知らなかったのですが、オールインクルーシブプランにはここでのサンドイッチなどの軽食が入ってます。
もしここで軽食を取りたい方は、ウェイターにスナックメニューをもらってください。言わないとメニューは出てきません。

P3300223.jpg

P3300225.jpg
きれいな朝日、夕日もみることができました。天気はずっと良かったです。

P3310259.jpg

P3310255.jpg
こんなかわいい猫もいました!


次回はヴェリドゥでのシュノーケルについて!

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。