プロフィール

猫好きトム

Author:猫好きトム
モルディブと猫が大好きです!モルディブは10回行きました。
英語ができないのに外資系金融に無謀にも転職して、ITとして10年ほど働き、今は会社を辞めて猫と一緒に一休み中です。趣味は旅行とFXと猫を見ることです!英語の勉強は必要に迫られてずっとやってます。TOEIC935点です。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英会話スクール Gaba

昨日、英会話スクールのGabaに短期集中コースを申し込んできました。
英語は今も独学で勉強してます。毎日英字新聞を見て、英語のニュースを聞いて、英単語ピーナッツでボキャブラリーを増やして、という努力をほぼ毎日続けています。
でも、なんかあまり進歩が感じられず煮詰まっていて、誰かにあなたのレベルだとこういう勉強がいいよとか、こういうところ直したほうがいいよとかいう指導を受けるのがいーのかなーと思って英会話スクールを探しました。
色々調べて、マンツーマンで指導がしっかりしてそうな Gaba にしました。
Berlitz も考えたのですが、マンツーマンのレッスンが Gaba より少々高かったもので。

Gabaの短期集中コース(一ヶ月か二ヶ月のコース)は昨日が申し込み最終日だったので、電話で体験レッスンを予約しさっそく行って来ました(体験レッスンはレベルチェックのために必ず受けないといけないとのことで。ごもっともです)
まず最初にカウンセラーの方が Gaba のシステムについて説明してくれます。とても感じのいいかたでした。次に外人による体験レッスンがおこなわれます。かなり若い講師でしたが教え方はとってもしっかりしてました。
私の弱点は、英語自体には慣れているんだけど、場面場面で適切なビジネス用語を使っていないこと。つまり、一言ですむところが、簡単な単語を使って説明しようとするので長くなってしまう。
そういう指摘を受けて、あー、まさにその通りだなと思いました。ビジネス用語自体はかなり知っていて聞けばわかるのだけど、話すときにそれらを使っていない。確かに。

こういうところを的確に指摘してくれる先生がいるところはいい!ということで、即決してお金払ってきました。年末にかなりの出費になってしまいましたが、自己投資!
英語は好きではないけど、逃げることはできないと思うので。。。。
スポンサーサイト

モルディブ カヌフラ 旅行記 その2(リゾートまで) - 2011.03

旅行2日目。カヌフラまでは水上飛行機で向かいます。
朝の集合時間が6時だったかな。。。それまでに朝食を済ませないといけません。

一回のレストランは早くから開いているのでそこで朝食をとります。ビュッフェ形式なのですが、朝早いせいでおかずの種類は少ないです。味噌汁とご飯もありますが。まあ、なんか食べられればいいか程度でいつも食べてます。

もう少し時間がたつと、上の階のレストランが朝食の会場になりおかずの種類も増えるそうなのですが、いつも早朝出発なので使ったことはありません。

食事を終えロビーで待っていると、ガイドの方が迎えに来てくれて、バスで水上飛行機の発着する空港に向かいます。
カヌフラは水上飛行機の発着空港に専用のラウンジを持っていて、そこで水上飛行機の出発までしばらく待ちます。ラウンジでは飲み物、ケーキを出してくれます。今まで何回も水上飛行機でモルディブのリゾートに行ったけど、専用のラウンジを持っているのはカヌフラが初めてです。
待っている間に妻が撮った水上飛行機の写真です。

birufi-hu003.jpg
空港に着いたときはまだ暗かったです。

kanufulahikoukiIMG_6715.jpg


飛行機は本当に小さいです。左1列、右2列の座席のみです。大き目の手荷物は、機内持ち込みのものでも飛行機に乗るときに預けさせされるので、写真を撮りたい場合は前もって出しておいたほうがいいです。
出発してから1時間ほど(どれくらいかかったか忘れました)でリゾートに到着します。天気がよければ素敵な景色が見れますよ。
飛行機から妻が撮った写真です。


kanufulaIMG_6727-s.jpg

kanufulaIMG_6770.jpg

kanufulaIMG_6748.jpg

天気がいいとこういう景色が見れますよ。眠気もぶっとびいやがおうにも気分が盛り上がります!
この飛行機も今回で6度目くらいですが、毎回新鮮な気持ちでわくわくします。

私が機内から撮ったサンゴ礁です。
[広告] VPS


送ってくれた水上飛行機がカヌフラから飛び立つときの写真です。
kanufulahikoukiIMG_6857.jpg

モルディブ カヌフラ 旅行記 その1(マーレまで) - 2011.03

今回はモルディブのカヌフラに行った時のことについて書いてみます。
行ったのがもう9ヶ月も前のことで思い出しながら書くので間違っていたらごめんなさい。

モルディブは本当に大好きで、カヌフラでモルディブ8回目の旅行になります。でもダイビングをするわけではなく、ひたすらシュノーケルをして、疲れたらのんびり読書して、夜は飲んだくれてという日々です
モルディブ以外にもいろんなリゾートに行きましたが、やっぱりモルディブが一番です!
海のきれいさ、お魚の多さでいったらやっぱりモルディブですね。なによりも、水上コテージの目の前でシュノーケルしただけでもお魚天国を見れるのは本当にすばらしいです。亀とかサメとかも見れるし。サメといっても、人を襲うサメじゃないから安心です。
前置きが長くなってしまいました。

カヌフラを選んだ理由は
・食事がおいしいらしい
・水コテがあるが、宿泊料は目が飛び出るほどではない
・ちょっとラグジュアリー
・きれいな砂浜がある
・シュノーケルはそこそこ

今回は、シュノーケルはそんなにやらずにのんびりするつもりだったので、ハウスリーフの良さよりも食事、部屋、砂浜のきれいさで選びました。結果から言うと。。。。カヌフラで大正解でした!

成田からの飛行機は、いつものようにスリランカ航空にしました。午前11時30分発で、モルディブのマーレ空港まで直行便で約10時間です。曜日によっては直行ではなくコロンボ経由になるのでご注意。
10時間というのは長いですよね。結構きついです。
スリランカ航空の座席は他の航空会社の飛行機に比べるとやや狭いと思います。足がいつもきついです。あと、ヘッドホンは片方が聞こえないことが結構あるので、そういうときはちゃんと交換してもらったほうがいいですよ。
食事はそんなに悪くないです。なんかメニューと違うものが出てきたりするけど、味は結構好きです。
ハネムーナーにはケーキが出ます(今でのこのサービスやってるかは定かではありません)。私達夫婦は2度ケーキを食べました。2回結婚したわけではなく、ただ単に旅行代理店の人がハネムーンで申し込んでしまったことが2回あったので。
このケーキ、おいしいのだけど、どこで食べるんじゃーーー!!!って感じでちょっと困ってしまいます。お腹一杯だったけど、無理やり機内で食べました。
各座席には個人用のモニターが付いてます。日本で放映されてないような新しい映画も見れますよ。ただ、日本語字幕が付いているのはわずかですが。画像が乱れてることも結構あります。
なんだかんだいって私はスリランカ航空大好きです。

マーレに着くと、私達は入国審査にダッシュします。周りで飛行機の写真撮影をしているのを尻目に。なぜかというと、マーレの入国審査は時間がかかるからです。質問とかいっぱいされるというのではなくて、ただ単に空港職員の方がのんびりしてるからかな。2回前にモルディブに行ったときなどは、1時間以上待たされました。複数の便が同時に着いたとき等は最悪です。今は改善されてかなり早くなったのかな。
そういう事情があるので、私達は飛行機を降りてすぐに入国審査に向かいました。

入国審査を終えて荷物を受け取り空港を出ると、旅行代理店の人が待っています。
ここで、南マーレ、北マーレのリゾートに向かう人は、そのままスピードボートに乗ってその日のうちにリゾートに向かいます。
それ以外のリゾートの人は、その日は首都マーレにあるホテルに泊まるか、空港があるのと同じ島にあるホテル、フルレ空港ホテルに泊まり、次の日水上飛行機に乗ってリゾートへ向かいます。
首都マーレは別の島になるので、ドーニといわれる船で向かいます。
私達はいつも、マーレのホテルは使わず、フルレホテルを使います。理由は、マーレのホテルまでの移動が結構面倒だし、マーレのホテルだと宗教の関係でお酒が飲めないからです。マーレに行ったところで、夜遅いし次の日朝早いので、観光する時間は全くありません。
なので、少し高くなりますがフルレホテルのほうがお勧めです。お酒が飲みたい人は。

フルレ空港ホテル、豪華なホテルというわけではないけど、外国のリゾートにあるホテル!という感じがして結構好きです。改装して新しくなったし。部屋はきれいで広いし。なんか、モルディブに来た!って感じがしてすごくわくわくします。
私達はいつも、フルレ空港ホテルに着くとすぐにバーにお酒を飲みに行きます。軽食も取れますよ。天ぷらそばとかもあります。中は外人ばかりです。いつもあまり日本人の方は見かけません。

明日は水上飛行機でリゾートに出発です!

サラが元気になってきました!

愛猫のサラが元気になってきました!
この一週間、2日に一回は動物病院に行ってました。行きつけの病院は、バスで20分くらいのところにあり、バスの本数も少ないので結構行くのきつかったです。
当初は脱水症状で栄養不足だったので、お薬の注射以外にぶっとい栄養注射と水分注射をされて、その時のサラ苦しそうな姿をみるのがかわいそうでかわいそうで。。。。

そのかいもあり、ついにサラが回復してきました。
ご飯も水も自分でとるようになってきました。ぐじゅぐじゅだった鼻もだいぶましになってきて。
でもまだ声は出ません。早くなけるようになっておくれ!

20111226_104921.jpg

勉強のため同じ内容を英語で書きます。

Our lovely cat Sala's health condition is getting better!
For this one week, we took Sala to the vet every two days. The vet we normally go is about 20 minutes from our apartment by bus. The number of buses is not many and it was bit tough to go there so often.
Initially, Sala had symptoms of dehydration and malnutrition... Because of that, Sala got not only normal injections of some medicines but also injections of water and nutrition. It was so tough to see Sala suffering from the pains of injections....

But, thanks to those painful injections, Sala is recovering now.
She can drink water and eat foods herself. Her terrible running nose is getting better as well.
But Sala still has no voice.. Hope her cute voice returns soon...

エルニド旅行記 その5 - 2011.12.15

ついについに最終日です。
5泊6日の旅でした。通常は4泊5日なんだけど、私達は1日延泊にしました。ゆっくりしたかったので。
5泊6日だと、さすがにもう十分かなという感じです。愛猫のサラにも会いたいし。

エルニド空港からのフライトが9時30分なので、リゾートを船で出発する時間は朝の7時15分。
6時30分にチェックアウトしなければいけません。その後に最後の朝食をとれます。

リゾートを船で出発するときは、スタッフ総出で見送ってくれます。船が見えなくなるまで、ずーーーっと見送ってくれます。
本当にホスピタリティにあふれたリゾートでした。

色々行ったリゾートの中でもかなり上位にはいります。とってもお勧めです!
いつかまた来れますように!みなさんお元気でー!

エルニド旅行記 その6 - 2011.12.15

エルニドに来てから4回目の朝です。
この日の予定は午前中はプールサイドでのんびり、午後はシュノーケルツアーです。
明日は早朝にチェックアウトなので、ゆっくりできるのは今日が最後です。

午前中のプールサイドはがらがらです。プールサイドにいたときに撮った写真です。

20111213_150725.jpg

20111213_134824.jpg

20111213_145737_2.jpg

20111213_134751_2.jpg

お昼をとった後はシュノーケルに行きました。シュノーケルポイントはラゲン島の周りで、リゾートから船で5分とめちゃくちゃ近いです。
魚はそんなにはいなかったけど、珊瑚は元気でした。ああ、そういえばナポレオンフィッシュの子供がいました。6、70センチくらいあったかな。

クリスマスが近かったので、リゾートではクリスマス用の飾り付けがずっと行われていたのですが、ちょうど私達の最後の夜に飾りつけが終了したようで、明かりが点燈されました!ラッキーです。

20111215_190744.jpg

20111215_201738.jpg


エルニド旅行記 その5 - 2011.12.14

エルニドに着てから3回目の朝です。
この日も天気は快晴!来た時は大雨でどうなることかと思ったけど。

この日は朝からディブルアン島というところに行きました。多分、リゾートが所有している島で、ビーチクラブがあり、ランチ、各種マリンスポーツが楽しめます。もちろんランチはただ(宿泊代に含まれている)です。ビーチは、ラゲンやミニロックのビーチと比べるとはるかにきれいです。
まさに南の島のビーチ!って感じです。

20111214_110128.jpg

20111214_103645.jpg


ビーチからは、パラワンの本当が見れます。内海なので波もありません。
ビーチクラブには、日よけ、ビーチデッキ、トイレ、シャワー、小さなレストラン(昼食をとるところ)、バーがあります。
結構快適ですよ。

20111214_103623.jpg

午前中はシュノーケルをやりました。魚は小さいのが結構いました。透明度はいまいちです。珊瑚は元気だったけど。

昼食は、リゾートのスタッフがリゾートから持ってきたものをレストランでせっせと並べてました。種類はやや少ないけど、結構おいしかったですよ。そういえば、レストランに日本人の初老(60くらい?)の男性が4人で食事してました。初老の男性4人って、どんなグループなんだろ。。。

食後はカヤックをやって、3時にリゾートに戻りました。

夕方はほぼ毎日プールサイドバーに行ってました。ビリヤードもあります。

20111212_185818.jpg




エルニド旅行記 その4 - 2011.12.13

エルニド2日目は特にアクティビティは申し込みませんでした。
実を言うと、通常は前の日に次の日に何をなりたいかをアクティビティマネージャーが聞きに来るはずなのですが、昨日はなぜか聞きにきませんでした。まあもともと何も申し込むつもりはなかったので調度良かったのですが。
この日の予定は午前中はラゲンリゾートのトレッキングコースをガイドなしで歩いて裏側?にあるプライベートビーチに行ってのんびりし、午後はプールでのんびりです。

トレッキングの入り口を探したけど自分達では見つからなかった(旅行前のリサーチによれば、入り口の目印があるはずなのだた。。。)ので、ロビーに行ってどうやったら行けるか聞いたところ、自分達だけでいくなら”なんか事故があってもそれは自己責任だよ”って感じのフォームにサインしてくれとのこと。あと、帰りはどうやって帰ってくるの?カヤック?と聞かれたので、妻が一眼デジカメを持って行きたいので水には濡らせないから、歩いて帰ってきます!と元気に言っておきました。
トレッキングに行く目的のひとつは、猿などの森の生き物の撮影です。

そして出発!
いきなり急な坂。坂というかがけというか。そこをほとんど梯子みたいな階段で、ロープにつかまりながら登ります。
そこを登ると、少し遠くの木の上で猿らしき影が動いた!!すぐ消えちゃったけど。これは期待が持てる!いい写真が撮れるに違いない!と、妻はわくわくしているようでした。
しかし!!それもつかのま。このトレッキングコース、かなり上り下りが激しくてきつい 歩いていくうちに汗だくになったので、一休みして汗を拭こうとしたところ大量の蚊がまとわりついてきた!!虫除け塗ってきたのに。。。
大量の蚊に恐れをなして、休憩はさっさと切り上げ前に進む進む。止まるとまた蚊に襲われるので。
止まりたくないけど道がけっこうきつくて、蒸し暑くて汗だらだら。あー、もっとしっかり虫除け塗ってくればよかった。。
きついし止まれないしで写真など撮ってる場合ではありません。猿を撮るのはきらめ。
30分ほど蚊と格闘しながら歩いていくと、波の音が!!もうすぐ目的地のビーチだ!!
そしてなんとかビーチに着きました。
ビーチにいるのは私達だけ、しかもとってもきれい!!着てよかったー!!と妻の喜びもつかのま。
ねえ、今の道歩いて帰るの?
それは。。。考えると恐ろしい。。。でも歩いて帰るっていったから、だれも迎えに来てくれないし。。。
と思ったら、そのビーチに小屋があり、一匹の犬とリゾートの従業員の人がいました!その人に、歩いて帰るって言っちゃったけど、やっぱきついからカヤックで帰れない?って聞いたところ、カヤックは波が高いからだめだけど、ボートならOKですってことなので、1時間後にボートで来てもらうことに。ありがとー!!助かったー!!

とほっとして、1時間ほどのんびりしたあとに、ボートでリゾートに戻りました。そのビーチからリゾートまではボートでほんの数分です。ちなみに、ビーチには日よけと椅子とテーブルが置いてあります。

ビーチの写真です。

20111213_104303.jpg

20111213_104329_2.jpg

20111213_104354.jpg

20111213_104440.jpg

午後からはプールでのんびりです。みんなアクティビティに行ってるので、だいたい空いてます。

20111213_132056.jpg

20111213_131938.jpg

20111213_132409.jpg

プールではビーチタオルを借りられます(デッキチェアーに置いてあります)。あと、デッキチェアーに寝てると冷たい水持ってきてくれますよ。



サラの病状が改善しません (Sala's health condition is not getting better)

英語の勉強のために、たまに日記を日本語と英語で書いてみます。

愛猫のサラの病状がなかなか回復しません。ウィルス性の風邪で鼻炎がひどくなってしまい、鼻から息ができなくて呼吸が苦しそう。。。
病院に昨日も一昨日も連れて行って、注射をしてもらったけどなかなか良くならないみたいで。昨日までは少しは自分で餌を食べてたけど、今日は全く食べないので、水に溶かした子猫用の離乳食を無理やり食べさせてます。何回か唾液みたいの吐いちゃったし。心配だからこれから病院に連れて行こうかな。。。(あまり連れて行くとストレスになるかもしれないし)

Our cat Sala hasn't recovered yet... Her sinus infection is getting worse and she has difficulty to even breathe because of stuffy nose.
We took Sala to the vet both yesterday and the day before yesterday, and had several shots but she doesn't look recovering... Sala was eating some foods at least till yesterday but doesn't eat at all today. We forced Sala to eat some baby foods mixed with water. She threw up sputum several times..
We worry her so much and we are wondering if we should take Sala to the vet today or not .. (taking Sala to the vet too often may give her too much stress)

英単語の覚え方について

今まで英語のボキャブラリーを増やそうと、色々な方法を試してきました。
自分がやってきた方法と、それに関しての感想をまとめてみました。

フラッシュカードで覚える
これは短時間に多くの単語をみて、それを繰り返すことにより脳に焼き付ける方法です。
例えば、100の単語カードを1分以内にぱらぱら見ます。それを一日のうちに何回も繰り返します。
いわば一回では覚えられないから、一回にかける時間を少なくする代わりに見る回数を増やす方法ですね。
私はAndroid のアプリケーションの単語帳で、左に英語、右に日本語が出てくるものを使いました。
1日に100単語を10回ずつみるようにして、計60回見るまでは次に進まないようにしました。つまり100単語につき6日です。100単語を見る時間は一分なので、一日にかける時間は10分だけです。そんなに大変じゃありません。
この方法を2ヶ月試しまして、1000語覚えることに挑戦しました。
結果は。。。だめですね。結構すぐ忘れてしまいます。半数も覚えてないかな。。。私が頭悪いだけかもしれないけど。
思ったのは、フラッシュカードで例文を使わず単語のみで覚える方法だと、その単語が実際にどういうシーンで使われる単語かわからない(例えば、speak talk tellはみんな話すですが使うシーンは違います)。また、例文を使っていないので、他の単語とのリンクができない。多くのリンクができないと脳の中で長期記憶に移りにくい。

結論として、私はこの方法はお勧めしません!

語呂あわせで覚える

これは単語を覚えるには結構いいです。脳の中で関連付けができるので結構覚えやすいです。
ただ、フラッシュカードで覚えるのと同じでそれぞれの単語をどのシーンで使っていいかが覚えられません。他の単語とのリンクもできないので、実際にしゃべるときにはなかなか使えません。
私はずいぶん前に本を買って試してみたんですが途中で挫折しました。覚えられるんだけど、使うシーンがわからなかったからです。
もし語呂合わせプラス例文も書いてあるような本があったらお勧めかもしれない。試したことないけど。

例文で覚える
なんだかんだでこれが一番お勧めです!
どんなシーンで単語を使っていいかがわかるし(これってすごく大事)、他の単語とのリンクができるので脳の長期記憶領域に移りやすいです。
唯一の問題は、例文で覚えてしまっているので、その単語だけが出てきたときに意味がぱっと出てこないことがあります。これは、それぞれの単語が別の例文で使われているのを見ていくうちに解消されますが。
私は外資系で勤務し始めたころ、本当にボキャブラリーが少なくて死にそうだったので、DUOを使って必死で勉強しました。それでかなりボキャブラリーが増えました。DUOいいですよ。
現在は英単語ピーナッツを試してます。これはフラッシュカードと例文のコンビネーションです。何回も何回も短い例文を読んで単語を頭に焼き付けます。例文形式なので使うシーンもわかります。
この本のちょっと問題なのは誤字がたまにあることです。例えば、"a strange coincidence" が "奇妙な符号" と書かれてます。 これは符号じゃなくて符合ですよね
そういうのがたまにあります。でも基本的にはお勧めです。

エルニド旅行記 その3 - 2011.12.12

初日の朝です!昨日とは打って変わっていい天気!
部屋のベランダからの朝の眺めです。
20111212_075720.jpg

20111212_075655.jpg

ご覧の通り岩山に囲まれてます。なんともいえない雰囲気です。まさに隠れ家!

朝のプールです。
20111212_075224.jpg

プールはいつもそんなに混んでませんでした。みんなアクティビティに出かけてるんですね。

アクティビティは、前の日にアクティビティマネージャーが来てなにをしたいかを聞いてプランを立ててくれます。
短い日程で着ている人は、かなり詰め込んでハードスケジュールになるみたいですが、私達はやや長めの日程なのと、基本的にのんびりするために行ったので、あまり詰め込みスケジュールは立てませんでした。
ただし、初日だけは要領がよくわからなかったのでアクティビティマネージャーのアドバイスに従い午前中にミニロックでシュノーケル、午後はラグーン巡りをすることになりました。

ミニロックはラゲンにくらべるとカジュアルな感じです。ビーチもラゲンに比べるとちゃんとあります。(ラゲンはビーチはないに等しいです。その代わりにプールはありますけど) 開放感はミニロックのほうがありますが、その分隠れ家的な感じはラゲンに比べると薄れます。
ちなみに、シュノーケル用具のレンタルもすべて宿泊代金に含まれているので追加料金はありません。もちろん今日のアクティビティもすべて追加料金なしです。

ミニロックに着くと、まずみんな自分の荷物を置くところとくつろぐための場所取りです。全員の分のデッキチェアーはありません。私達は韓国のカップルにデッキチェアーを譲ってその後ろにあるテーブルと椅子に陣取りました。

少し休んでから、シュノーケルしました。その時の水中動画です。

大量の小魚の群れです。
[広告] VPS


ミニロックで餌付けしているジャックフィッシュ(ロウニンアジ)です。
[広告] VPS


お昼はミニロックで食べました。ラゲンに宿泊しているゲストはミニロックでも食事することができます(追加料金はありません)。旅行前にネットで調べたときは、ミニロックとラゲンの食事は基本的に同じ、もしくはラゲンの方が種類が豊富と聞いていたのですが、実際にはミニロックのランチのほうが種類は豊富でした。
例えば、ミニロックでは野菜、肉、麺、ソースを選んで目の前で料理してくれるのですが(私はこれを試しました。おいしかったー)、これはラゲンには昼夜含めてありませんでした。また、ミニロックには海苔巻きがあったのですがラゲンにはありませんでした。ちょっと残念。でも、ミニロックでの昼食は大満足!

午後はラグーン巡りです。2箇所のラグーンをめぐります。ひとつはスモールラグーン、もう1つはビックラグーンです。
スモールラグーンはカヤックで観光しました。水が乳白色でとってもきれいでした!シュノーケルもできます。乳白色の水なので透明度は悪いですが

スモールラグーンの動画です。
[広告] VPS


ビッグラグーンではカヤックもシュノーケルもできません。ボートで回るだけです。
ビックラグーンのあとは、ビックラグーンの出口でシュノーケルしました。ガイドさんがボートから餌をやってたので、小魚が一杯集まってきました。
[広告] VPS


ラグーン巡りはこれで終わり! 

エルニド旅行記 その2 - 2011.12.11

エルニドへの出発の朝です!この日は6時に起きました。ANAホテルの部屋からの朝焼けです。
20111211_061426.jpg


エルニド ラゲンリゾートまでのルートは結構長いです。

成田 -> マニラ空港 -> エルニド空港 -> エルニドタウン -> ラゲンリゾート

成田出発が午前9時30分で、エルニドのラゲンリゾートに付いたのが夕方の5時半か6時だったので、時差1時間を計算すると計9時間くらいですかね。結構疲れました。

成田からマニラ空港まで

約5時間のフライトです。出発時間は9時30分で到着は現地時間で13時30分くらい。(現地時間は日本時間+1)
フィリピン航空を使いました。全座席にプライベートの小型モニターがついていて、数十本の映画を好きなタイミングで見ることができます。まだ上映されていない最新のやつはあまりなかったけど。数十本の映画があっても、5時間のフライトでは2本見れるか見れないかですね。
機内食は。。。。まあまあかな。チキンとビーフが選べて、私はビーフを食べました。あまり美味しいほうではないです。モルディブに行くときにいつも使うスリランカン航空に比べれば、座席は広めだし新しかったですけどね。

ペソへの両替はマニラ空港でしました。両替所に並んでいたら、怪しいおばさんが近づいてきて、日本語で両替ですか?こっちのほうがレートがいいですよと言って来た。確かに両替所よりはわずかにレートが良かったので、1万円だけ両替お願いしました。そしたら1万円だけ?私日本に子供いる。お金送らないといけない。もっと両替しない?といってきたけど、1万円しかほんとにいらなかったので断りました。ちなみに、ラゲンリゾートは個人へのチップはお断りなので、チップを払う必要はありません。お金を払うのは飲み物代と、お土産代くらいで、それにしても最後の清算の時にカードで支払えるので現金はあまりいりません。現金が必要なのは、行きと帰りの小型機の載せる荷物の重量オーバー分と、帰りのマニラ空港での空港使用料だけなので、1万円も換金しておけば通常は十分です。

マニラ空港からエルニド空港まで
まず、旅行会社の送迎の車でマニラ市内を通って小型機が発着する飛行場まで移動します。移動時間は10分くらいかな。
その小型機の飛行場で、荷物検査を受けます。ここで2つ注意事項。スーツケースにカメラ、カメラのレンズ、パソコンなどの貴重品が入っていると、手荷物に移動させられます。本人が別にいいと言っても。
次に重量制限があり、手荷物込みで1人10キロまでです。かなり少ないですよね。超過分に関しては、1キロごとに100ペソです。私たちはは夫婦で、荷物の重量が37キロだったので、37ー10x2=17キロの重量超過で、1700ペソを払いました。

荷物検査が終わると待合所に案内され、ジュースとかケーキとかを出してくれます。私達はジュースだけもらいました。
小型機はほんとに小さいやつで、座席は1人座りのやつが2列のみです。飛行時間は1時間15分くらい。

エルニド空港からエルニドタウンまで
エルニド空港はしょぼいです。滑走路も舗装されてません。牛もいます
空港のロビー?ではかわいいフィリピンのおばちゃんというかおばあちゃん達が歌でお出迎えしてくれます。
エルニド空港に着いたときは土砂降りの雨でした。。。この天気が続いたらどないしよとかなり不安な気分になってきました。
エルニド空港からエルニドタウンまでは、今まで私の人生では乗ったことがないような小汚いワイルドなバスで移動します。もうちろんエアコンなんか付いてません。移動時間は20分くらいかな。移動中民家にいる牛とか豚とかみれます。妻は動物好きなので大喜びしてました。

エルニドタウンからラゲンリゾートまで
エルニドタウンからはボートでラゲンリゾートまで移動します。
もうひとつのリゾートのミニロックとは別のボートになるので、ここでミニロックに行く人たちとはお別れです。この日はラゲンリゾートに行く日本人は私達だけでした。後はみんな韓国の方。ちなみに、エルニドのラゲンリゾートとミニロックは、韓国のハネムーナーにとても人気があるそうです。実際に多くの韓国人のカップルがいました。

まず、港から小さいボートに乗り、その後にすこし大き目のボート(それでも小さいけど)に乗り換えてリゾートに向かいます。
ボートからは、切り立った岩山のエルニドのすばらしい景色が見えて、気持ちが自然ともりあがっていきます!!
リゾートは岩山に囲まれた場所にあり、ほんとに秘密の場所みたいです。映画のビーチのような。到着したのは夕方なので、ランプの色の明かりに照らされて本当に幻想的です。着てよかったー!!って思いました。

リゾートに到着すると、ホテルのスタッフが踊りと歌で迎えてくれます。正直に言うと、疲れてるから早く部屋に案内してくれー!!って思ったけど、せっかくのホスピタリティなので、笑顔で終わるの待ちました:-)
基本的な説明を受けて部屋に案内されます。私達が泊まったのは水上コテージです。モルジブの水上コテージに比べると、ちょっと小さめです。でも十分いい感じです。ちなみにバスタブはありません。ベランダからの景色は最高です!!

この日はこの後に、夕食を食べてすぐ寝ました。夕食はビュッフェすたいるです。種類は思ったより少なかったかな。でも味は結構良かったですよ! 品数ばかり増やして味はひどい日本の温泉ホテルのバイキングに比べれば遥かにいいです。というか比べ物になりません。
夕食を食べた後も雨はやまず。。。次の日から晴れることを祈って眠りにつきました。

TOEICで900点超えた!

今日先月に受けたTOEICテストの結果が出て、ついに900点を超えました
初めてTOEICを受けたときは250点でほとんど英語ができませんでした。それを考えると大進歩!!継続は力なりですね。
これからも勉強は続けていきます。

サラが大変なことに。。。

昨日ブリーダーさんの家から連れて帰って以来、サラがあまりにも元気がなかったので、行きつけの動物病院に連れて行ったところ、なんと脱水症状、栄養失調、喉の炎症、酷い鼻づまり、お腹と腸に空気がたまってぱんぱん、熱は40度、体重は元は3.5キロあったのが、3キロしかなくなって酷い状況になってました。
血液検査をしたところ、内臓関係にはダメージがなかったし、肺炎にもなてなかったのでとりあえず一安心

いたーい注射を何本も打たれて、悲鳴のような声にならない声を上げて(声が出ないので)、もがきくるしんでました。
あんなに苦しそうなサラを見たのは初めてで、本当にかわいそうだった。。。。

病院から家に帰ってきてからは、注射のあとをひたすら舐めて、落ち着かないようでうろうろしてます。注射いっぱいされたのが相当むかついたみたいで、私達をシャーっと威嚇しまくってます
ただ、えさを食べる元気が出たみたいで、むしゃむしゃ食べてました。とりあえず、ほっ。
しばらくの間、毎日病院通いで毎日注射。耐えられるかな。。。。

20111218_195047.jpg

エルニド旅行記 その1 - 2011.12.10

エルニドへの旅行は、12月11日から16日までの5泊6日ですが、成田からのフライトが午前9時30分とやや早いもので(7時30分には空港についている必要があるので)、今回は成田空港の近くのホテルに前泊することにしました。

どこのホテルにしようか色々悩んだのですが、空港から近い、直行の送迎バスがある、送迎バスの便が多い、部屋が広めできれいそう、夜景が見えるレストランがある、という条件をみたすANAクラウンプラザホテル成田に泊まる事にしました。
日航ホテルとも悩んだのですが、ANAのほうがまだ新しそうだったので。

成田エクスプレスで空港第二ビル駅に行き、そこからホテルの送迎バスで20分ほどでANAホテルに到着。(ホテルから空港までは10分くらいなのですが、空港からホテルまではぐるっと回っていかないといけないので20分くらいかかります)
夕食はホテルの17階にあるレストラン菜風でとりました。ホテルのレストランなので、全体的には高めですが、居酒屋料理のようなアラカルトもあり、それらはそんなに高くないです。味は良かったです。
レストランからの夜景は、すごいというわけではないですが、空港の夜景は一応見れます。レストランの雰囲気自体はいいですよ。

部屋はデラックスルームにしたのですが(一泊一万円ちょっと)、広さは十分で結構きれいでした。加湿器も貸してくれたし、サービスも良かったですよ。もし成田で前泊することがあったら、またこのホテルを使うと思います。

明日(12月11日)はいよいよエルニドに向けて出発です!

愛猫のサラをお迎え

昨日の夜、フィリピンのエルニドから帰ってきたのですが、旅行中はサラを譲っていただいたブリーダーさんの家で預かってもらっていました。ブリーダーさんから猫を買うと、こういうメリットがあります
今日はサラをお迎えにいってきました。

サラは大の猫嫌いです。猫のくせに。周りに猫がいると常にシャー!!と威嚇してます。ブリーダーさんの家は当然猫がいっぱいいます。ただ、以前に何回も預けたことがあり、今回初めてではないのであまり心配していなかったのですが。。。
なんと、お迎えに行ってみると、まるで別猫のように元気がなくしょぼくれていました。
どうやら、今回預かっていただいた部屋がいままで預かっていただいた部屋とは違う部屋だったので、ストレスがかかってしまったようです。
家に連れて帰ってからも元気がなくて。。。いつもニャーニャー、遊んで遊んでとうるさいのに、まだ一回もニャーって言ってません。。。あまり動かないし。。。
サラごめんよ。飼い主がリゾートで楽しんでいる間に、サラはとってもつらい経験をしてたんだね。
ブリーダーさんにも迷惑かけたみたいで申し訳ない。。。

サラ、早く元気になってもとのサラにもどっておくれ!

エルニド旅行記 リゾート選び

今回は、12月の時点で雨季ではなく、それほど遠くなく、水上コテージがあり、海が結構きれい、という条件で旅行先を探し、エルニドという場所を見つけました。切り立った岩山に囲まれた、秘境!といった感じのリゾートです。クラビに似てるけど、海はクラビよりきれいそう。他の人の旅行記を見てもかなりいい感じ。
ということで旅行先はエルニドに決定!
宿泊先は日本の代理店で扱っているのはミニロックと、ラゲンというリゾートです。大きな建物は一切なく、すべてコテージです。

ミニロックとラゲンの特徴としては、

ミニロック
  ・きれいなビーチがある
  ・シュノーケルが楽しい 
  ・カジュアルでアクティブな感じ
  ・水上コテージが部屋がかなり狭い

ラゲン

  ・ビーチが狭いがプールがある 
  ・水上コテージの部屋がミニロックより広い
  ・ミニロックに比べると、静かで落ち着いた感じ
  ・ファミリー向けというより、カップル向け
  ・シュノーケルはいまいち

私はシュノーケルが大好きですが、今回はゆっくりゆったりしたかったので、静かな雰囲気のラゲンのほうを選びました。シュノーケルはアクティビティ(エクスカージョン)で行けばいいやと思って。
ちなみに、2つのリゾートともに朝、昼、晩の食事は旅行代金に含まれていて、かつほとんどのアクティビティは無料です。飲み物以外はほとんど旅行代金に含まれてます。ですので、旅行中にお金の心配はあまりいりません!
食事に関しては、旅行前にリサーチした限りでは(行った方のブログで)、どちらのホテルもほとんど同じ、もしくはラゲンの方がいいとのことだったのですが、言ってみると少し事情が違いました。詳細はまた後ほど。

予約はSTワールドを通して行いました。ホテルの予約確認に4,5日かかります。英語だからすぐ確認できないのはわかるのだけど、もっと早く確認できるようにならないかな。。。。

エルニドは12月は一応乾季になっているのですが、旅行サイトによっては雨季に入ってる場所もあって、心配でいろんなサイトで天気予報をしらべました。サイトによって、天気予報はばらばらです!同じ日でも、雨といっているところもあれば、晴れといっているサイトもあります。かなりいいかげんみたいですね。
まあ、気休め程度に見るにはいいかもしれません。
私が天気にチェックに見ていたサイトを以下に挙げておきます。

Weather Underground
WORLD WEATHER ONLINE
MeoWeather

初のブログ!

はじめまして。初ブログです!
外資系証券でITとしてここ10年ほど働いてきましたが、いろいろなことで疲れて、少し立ち止まって色々考えてみたくて会社を辞めてしまいました。別に次にやることが決まって辞めたわけではなく、衝動的に辞めてしまったので、これから何をするか考えていこうと思ってます。ちょっと後悔。。。

このまとまった時間を利用して、今までに行ったリゾートの旅行記なんかをメインで書いていきたいと思います。
外資系金融での苦労話とか、英語の勉強なんかについても追い追い書いていきたおと思ってます!


| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。