プロフィール

猫好きトム

Author:猫好きトム
モルディブと猫が大好きです!モルディブは10回行きました。
英語ができないのに外資系金融に無謀にも転職して、ITとして10年ほど働き、今は会社を辞めて猫と一緒に一休み中です。趣味は旅行とFXと猫を見ることです!英語の勉強は必要に迫られてずっとやってます。TOEIC935点です。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルディブ フィリティヨ - 2003.3

今回はモルディブのフィリティヨに関してです。
フィリティヨに言ったのは、2003年の3月なのではるか昔なのですが、写真がいっぱいあるので、せっかくなのでアップしようと思います!
そんな昔のことは興味ない!というかたは無視しちゃってください!

もう9年も前のことなので、今はかなり変わっているかもしれませんが....
フィリティヨはモルディブのリゾートの島としては大きな島です。島を一周するのに45分かかります。ミリヒとかは一周10分くらいですから、それに比べると大きいのがわかります。
部屋数はビーチコテージが109、水上コテージが16室です。

船の上から撮った水コテです。
100MSD-DSC00463_DSC00463.jpg

島は大きいのですが、砂浜の部分が少なめです。白砂できれいなのは間違いないのですが、結構すぐ海といった感じで、砂浜の部分の面積が少なかったように覚えています。
DSC01418.jpg

DSC01325.jpg

水コテはこんな感じです(感じでした!今はどうなっているか?)
16の水コテがずらーっと一列に、やや弧を描いて並んでます。
DSC01405.jpg

DSC01400.jpg

デッキ部分はこんな感じでせり出してます。当然、隣が見えます。でもとっても開放感があります。
DSC01425.jpg

100MSD-DSC00708_DSC00708.jpg

ベランダにはブランコがあります。ビールを飲んで、ここで昼寝をするのがとっても幸せでした。
100MSD-DSC00699_DSC00699.jpg
なかなか居心地のいい水コテだったと記憶してます。

この猫ちゃん、いつも遊んでほしがっててかわいかったです。さすがにもういないかなー。
DSC01329.jpg


レストランはメインレストランとアラカルトレストランがありました。あとバーがありました。
私達はアラカルトレストランは一回も使いませんでした。朝昼夕食込みのフルボードだったので。

食事はとっても種類が多くて。今まで行ったモルディブのリゾートの中で、種類に関してはトップクラスです。
味はやや大味ですが、なかなか美味しかったと記憶してます。牛肉はちょっと固かったけど。
値段を考えると、水コテあり、食事のバラエティーは豊富で、コストパフォーマンスはすばらしいものがあります。

私達が行ったころは、日本人のカップルが他に2,3組いて、あとはほとんどヨーロピアンでした。今はどうなっているかわかりませんが。

虫は結構多かったです。水コテにはほとんどいなかったけど、島のほうにはかなり蚊がいました。あと、たまにゴキちゃんも。一度は、私達のテーブルの上に大きなゴキちゃんがのってて、ウェイターの人が、おお!って言って笑いながら追っ払ってました 私はゴキブリが死ぬほど嫌いですが、こういう自然の多い島ではご愛嬌ですね。

蚊は本当に多い(少なくとも2003年当時は)ので、虫除けは必須です。私の妻は、黒のワンピースので夕食に行ったのですが、虫除けを塗ってない背中だけ、十箇所以上刺されてました。

続いてシュノーケルに関してです。
私達が行ったころは、エルニーニョの影響でサンゴがかなり白化してました。なのできれいなサンゴはほとんど見れませんでした。今はきっと違うことと思います。
ただ、フィリティヨのすばらしいのが魚の多さです!たくさんの群れもいるし、エイもマダラトビエイも見れるし、とにあくフィリティヨでのシュノーケルはすばらしかったように記憶してます。今まで言った中でフィリティヨより魚影が濃かったリゾートは、今のところロイヤルアイランドくらいです。
私が言った中でシュノーケルの順位をつけると、ロイヤルアイランド > フィリティヨ > センターラ > ミリヒ > カヌフラ > バンヤンツリー > ヴィルリーフ > ヴァドゥ > ココアビーチ です。
この順位は、ハウスリーフの魚影の濃さと、群れの大きさ、ダイナミックさ(私好みの)を基準にしたものであり、サンゴや海の美しさは考慮に入れてません。
ちなみに、サンゴの美しさ、小魚の多さでは、ミリヒが圧倒的です。

ここからは水中写真です。全てフィリティヨのハウスリーフでシュノーケルで撮った写真です。
DSC01478.jpg

DSC01471.jpg

100MSD-DSC00476_DSC00476.jpg

100MSD-DSC00469_DSC00469.jpg

100MSD-DSC00485_DSC00485.jpg

100MSD-DSC00524_DSC00524.jpg

100MSD-DSC00559_DSC00559.jpg

100MSD-DSC00596_DSC00596.jpg

100MSD-DSC00600_DSC00600.jpg

100MSD-DSC00650_DSC00650.jpg

100MSD-DSC00655_DSC00655.jpg

こんな感じで、ドロップオフに行くと色んな群れを見ることができました。カメ、エイ、ロウニンアジ等の大物も見れます。サメはベイビーシャークはいたけど、大きいのは見ませんでした。
とにかく、魚影が濃くてダイナミックです。

フィリティヨは私の大好きなリゾートのうちの1つです。また行きたいと思っています。
モルディブの水コテはどこも値段がかなり高いのですが、フィリティヨの水コテはハーフボードでも他のリゾートに比べてかなり安めです。

モルディブの水コテに行きたい!でも安く泊まりたい!ビーチでのんびりするよりも、シュノーケルで泳ぎまくりたい!という人には、フィリティヨはうってつけのリゾートです!お勧めです!(ただし、私の意見は2003年の旅行を元にしたものであるというのをお忘れなく)

次回はロイヤルアイランドに関して書きたいと思います。
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。