プロフィール

猫好きトム

Author:猫好きトム
モルディブと猫が大好きです!モルディブは10回行きました。
英語ができないのに外資系金融に無謀にも転職して、ITとして10年ほど働き、今は会社を辞めて猫と一緒に一休み中です。趣味は旅行とFXと猫を見ることです!英語の勉強は必要に迫られてずっとやってます。TOEIC935点です。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水上温泉 旅館 秘湯の宿 龍洞

約二ヶ月の猫の看病から開放され、雪を見ながら温泉に入りたい!ということで、群馬県奥利根にある温泉旅館の龍洞というところに行ってきました。

秘湯といううたい文句の通り、場所はかなりの山奥にあります。
上越新幹線を上毛高原で降りて、そこからまずバスで水上温泉に30分かけていきます。そこでさらに次のバスに乗り換えて、終点の湯ノ小屋まで40分です。バスの本数は、一時間に一本もないので要注意です。
湯ノ小屋でバスを降りて、歩いて1,2分で龍洞につきます。

20120227_142939.jpg
ごらんの通り、あたりは一面の雪景色です。やっぱり今年は例年に比べても雪の量が多いみたいですね。

龍洞の入り口です。
20120227_143035.jpg

旅館の受付の方が部屋まで案内してくれましたが、通常の旅館のように中井さんが部屋でお茶を入れてくれるというのはなくて、どちらかというとホテルみたいな感じです。基本的に放っておかれるので、私達は気楽でよかったです。

私達が泊まったのは、露天風呂つきの別邸りゅう花という部屋です。一階が和室で2階がベッドルームになっています。十分な広さです。部屋に付いている露天もいい感じです。
20120227_150101.jpg


この旅館は、17の露天風呂があり(部屋つきの露天風呂以外に)全て貸切です。私達が泊まったのは別館で、本館も別にあります。露天風呂はその両方にありますが、メインは本館のほうです。
大きい露天風呂は全て本館のほうにあります。
別館から本館に行くには一度外に出る必要があります。通路とかじゃなくて完全に外を歩かないといけないので、大雪のときは傘が必要です。また、スリッパでは行けないので、旅館にある長靴を使うか自分の靴を履いて行かなければいけません。
ちなみに、自分の靴で行くことをお勧めします。長靴は誰が前に履いたかわかりませんからね。
たまたまですが、私が履いた長靴はめちゃくちゃくさかったです。履いてから気付いたのですが。気付いたときには遅かった。。。臭いを確認してから履くようにしましょう。

別館から本館に行く途中の橋から撮った風景です。
20120227_160307.jpg

ごらんの通りすごい雪です。この中を浴衣姿で歩きます
20120227_160215.jpg

本館の入り口です。
20120227_160355.jpg

本館にある露天風呂の入り口です。この中に、何種類もの露天風呂があります。
20120227_153758.jpg

これは河童という露天風呂です。とても貸切とは思えない大きさです。妻も私もこの露天が一番気に入りました。
川のせせらぎを聞き、雪を見ながら温泉に入る!なんともいえません。
20120227_155044.jpg

夕食は部屋ではなく、別の個室で食べます。私達は部屋だしはあまり落ち着かなくて好きじゃないので、個室でうれしかったです。個室と厨房は直接繋がってて、小窓から厨房の様子が見えます。男性の従業員の方がタイミングを見て料理を運んできます。
まずは3種類の牡蠣(生、イタリアン風、グラタン風)から始まり、いくらとサーモンの前菜、鯵とホタテのフライ、いくらとウニのパスタ、牛タンの赤ワイン煮込みの順番で出てきました。そう、完全なる洋食です。この旅館では一月ほど前に夕食に関しては和食から洋食に切り替えたとのことです。これはもしかしたら私達が申し込んだプランがたまたま夕食が洋食のプランだったからかもしれないので、和食を期待している方は事前に確認したほうがいいと思います。
私は和食が出てくるものだとばかり思っていたので、ちょっとびっくりしました。そのような事前情報はなかったので。でも私達は洋食好きだし、妻は牡蠣に目がないのでうれしいおどろきでしたが。味もなかなかよかったです。赤と白のワーフワインを一本づつ空けていい気分になってしまいました。

夕食のあとは再び露天めぐりです。
この旅館で人気の露天は竜神と天女だということだったのですが、夕食前はたまたま天女は清掃中、竜神は他の方が入っていたので夕食後にチェックしに行ったところ両方ともラッキーなことに開いていました。

竜神です。写真が暗くて見えにくいですが。
20120227_200350.jpg
この竜神、例年は冬場は雪でぬるくなってしまい入れないのだけれど、今年はまだ入れますとのこと。

次に天女に入りました。昼は入ってないからわからないけど、おそらく夜のほうが雰囲気があっていいと思います。
20120227_204010.jpg

昼は河童、夜は竜神と天女、朝は部屋に付いてる露天風呂!が私達の露天コースでした。正解だったと思います。

朝食は一転して普通の和食でした。湯豆腐も付いてました。おいしかったですよ!

私達の選んだプランは12時チェックアウトだったので食後もゆっくりできました。食後部屋に付いてる露天風呂に入り、そのあと旅館の周りを散歩しました。

そこで、なんと運のいいことに、ニホンカモシカを見ることができました!
kamoshika084.jpg

ブログでこの旅館でニホンカモシカを見たという方がいたので、もしかしたらとは思ったけど。本当に見れるとは。妻も私も動物好きなので大興奮でした!

チェックアウト後はせっかくなので、1,2時間また散歩をしてから帰りました。天気がよかったので。
雪景色がとってもすてきでした。

洞元湖です。
20120228_123237.jpg

途中のバス停は雪で埋まってました
20120228_123431.jpg

この龍洞という旅館、昔ながらの日本旅館のサービスを期待してきた方はがっかりするかもしれませんが、リーズナブルに露天風呂つき部屋に泊まりたい、放って置かれるほうが気楽で好き、色んな露天に入りたい、雪を見ながら温泉に入りたいという方にはとってもいいと思います。
妻と私は大満足でした。

そうそう、帰りに水上駅でバスを待ってる間に立ち寄ったお土産やさん、お店の名前は忘れましたが、そこで買った”上州名物 推坂峠の手作り風味がらし”というお土産が絶品です!山椒風味の唐辛子なのですが、日本そば、みそしる、親子丼とかにめちゃくちゃ合います!もし水上に寄る機会があったら是非買ったほうがいいです。山椒風味が好きな方は。

20120305_000606.jpg

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。