プロフィール

猫好きトム

Author:猫好きトム
モルディブと猫が大好きです!モルディブは10回行きました。
英語ができないのに外資系金融に無謀にも転職して、ITとして10年ほど働き、今は会社を辞めて猫と一緒に一休み中です。趣味は旅行とFXと猫を見ることです!英語の勉強は必要に迫られてずっとやってます。TOEIC935点です。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルディブ ヴェリドゥ その3(水中動画) - 2013.03

モルディブ ヴェリドゥでのシュノーケルの動画です。

[広告] VPS

水コテの下にいたギンガメアジの群れです。

[広告] VPS

シマハギの群れです。なかなか迫力がありました。今までやったシュノーケルで見た群れでは一番大きな群れでした。

[広告] VPS

パウダーブルーの群れです。これ見た時はちょっと感動しました!

[広告] VPS

島の裏側の桟橋からエントリーしたあたりのドロップオフです。サンゴも元気です。

[広告] VPS

このカメ人に慣れていて、全然逃げませんでした。
スポンサーサイト

モルディブ ヴェリドゥ その2(シュノーケル編) - 2013.03

今回はモルディブ ヴェリドゥでのシュノーケルについてです。

ヴェリドゥのサンゴはとっても元気です。今まで行ったリゾート(ミリヒ、カヌフラ、センターラ、フィリティヨ、ヴィルリーフ、ロイヤルアイランド、バンヤンツリー)の中では、ミリヒに次いでサンゴが元気だったと思います。

P3270138.jpg

P3290158.jpg
島の裏側の桟橋からエントリーしたドロップオフです。サンゴも元気だし、魚影も濃いです。

P3290142.jpg
クマノミもいました。

P3280075.jpg
お馴染み、シマハギの群れです。ここのは量がすごかったです。

P3280060.jpg

P3280036.jpg

P3280039.jpg
パウダーブルーの群れもいます。ここの群れはとっても立派でした。今までのリゾートでみたパウダーブルーの群れの中で一番かな。やっぱりモルディブはパウダーブルーの群れがいないと!

P3300213.jpg

P3280105.jpg
カメもいました。マイタイです。

P3260051.jpg
水コテの下に群れてるギンガメアジです。水コテ川のシュノーケルでは、これ以外には見るものなかったです。


P3280013.jpg
最後に、マンタトリップで見たマンタです。ずーっと下の方に泳いでたのでちょっと遠かったです。私たちが参加したマンタトリップではこの一枚しかみることができませんでした。前回のマンタトリップに参加した外人は4枚見たっていってました。


ヴェリドゥのシュノーケル、なかなか良かったです。サンゴもきれいだったし。水コテ側はギンガメアジしか見る者ないので、島の裏側の桟橋からのエントリーがおすすめです。元気なサンゴとたくさんの魚が見れます。
サメもカメも見れたし。ミリヒより良かったかも?

リーズナブルなリゾートなので、部屋も質素だし、食事もミリヒとかカヌフラに比べるとだいぶ寂しいけど、コストパフォーマンスはとってもいいです。一応オールインクルーシブだし。なかなかがんばってると思います。

アジア人の少ないリゾートで、水コテがあって、シュノーケルがなかなか良くて、オールインクルーシブがあるリーズナブルなリゾートを探している人は試してみては?

モルディブ ヴェリドゥ その1 - 2013.03

すこし前になりますが今年の3月25日から7日間のツアーでモルディブのヴェリドゥアイランドリゾートに行ってきたのでアップします。

ヴェリドゥアイランドリゾート(Velidhu Island Resort) はあり鑑賞北部にあるリゾートで、一周15分から20分くらいの島です。日本ではそんなには知られてないみたいですね。

私がここを選んだは、次のような理由です。

  • 水コテがある
  • 比較的リーズナブル
  • シュノーケリングがいい
  • アジア人が少ない(日本人も含めて)


ここは水コテがあるリゾートとしては、私が今まで行った他のリゾート(ミリヒ、カヌフラ、センターラ等)に比べるとかなりリーズナブルです。オールインクルーシブもあり、なんでも飲み放題というわけではありませんがビールやハウスワインは含まれています。
私たち夫婦は、ビールとハウスワインさえあれば満足なのでそこそこ幸せでした

アジア人は実際に少なくて、というか滞在中は私たちしかいませんでした。こんなの初めてです。ほとんどはヨーロピアンで、あとはスリランカ人らしき親子も少しいました。
なので、アジア人がいないモルディブのリゾートを探している人にはお勧めかも。ただし日本人のスタッフはいません。

P3310366.jpg
ヴェリドゥまではお馴染みの Maldivian Air Taxi で行きます。

P3280025.jpg
マンタトリップの船から撮ったスイコテです。

P3310364.jpg
またモルディブにやってきたーって感じです。これで何回目だろう?11回目?12回目?
もうほとんど中毒です。

P3290124.jpg
この看板(?)は正面の桟橋(水上飛行機が停まるところ)ではなく、島の裏側の桟橋のところにあります。

P3310357.jpg
島の地図です。

P3290125.jpg

P3290130.jpg
やっぱりモルディブはきれい!

P3270098.jpg
サンゴも元気です。ミリヒほどではないけれど、ヴェリドゥのサンゴもすごかったです。

P3270075.jpg
こんな感じで真ん中に桟橋があり、その両側に水コテがあります。水コテは一棟二室ですが、隣の音は全く気になりませんでした。

P3270077.jpg
水コテがある桟橋の先にある共用サンデッキです。

P3310351.jpg

P3310352.jpg
水コテの部屋はこんな感じです。少し古いけど、清潔だし使い勝手は良かったです。

P3260038.jpg
床のガラスは結構大きいです。私たちが泊まった水コテではあまりこのガラスから魚はみれませんでしたが。隣の水コテの下にはギンガメアジが渦を巻いてたので、床のガラスからたくさんのギンガメアジが見れたことだと思います。

P3310358.jpg
私たちが泊まった部屋にはバスタブはなく、シャワールームのみでした。バスタブがある部屋もあるらしいです。
まあ、私たちはモルディブではバスタブは使わないのでどっちでもよかったのですが。
シャワールームには扉があり、そこから外のデッキにでることができます。(その扉の開閉が結構大変でしたが)。
デッキには階段があり直接海に入れます。ただし!水コテ側の海は遠浅で、サンゴも魚もあまりいません。ギンガメアジの群れは見れますが。シュノーケルを楽しむには、水コテ側ではなく島の裏側の桟橋からエントリーした方がいいです。

P3310311.jpg
メインレストランです。禁煙席と喫煙席があるのですが、禁煙席の方は料理があるところ(ビュッフェ)には近いのですが、やや狭くて人も多くて混んでます。喫煙席の方が広くて人も少なくてゆったりしてる気がしました。

P3300193.jpg
ここは禁煙席側です。ビュッフェの場所は近いのですが、料理が近い分暑かったです。三食とも同じ席で食べます。なので、初日に席を選ぶときは慎重に!
料理の種類は他のリゾートに比べるとやや少ない気がしました。特にカルパッチョなどの前菜系が少なかったのは私たちにはかなり寂しかったです。味は全体的にはそんなに悪くなかったのですが。
まあ、値段を考えるとがんばってるほうだと思います。ミリヒやカヌフラのビュッフェとくらべちゃいけませんね。

P3310349.jpg

P3310347.jpg
ビーチ沿いにあるバーです。オールインクルーシブプランではここでビール、ハウスワインやソフトドリンクを飲むことができます。実は最終日まで知らなかったのですが、オールインクルーシブプランにはここでのサンドイッチなどの軽食が入ってます。
もしここで軽食を取りたい方は、ウェイターにスナックメニューをもらってください。言わないとメニューは出てきません。

P3300223.jpg

P3300225.jpg
きれいな朝日、夕日もみることができました。天気はずっと良かったです。

P3310259.jpg

P3310255.jpg
こんなかわいい猫もいました!


次回はヴェリドゥでのシュノーケルについて!

群馬サファリパーク&四万温泉

久しぶりの投稿です。ここしばらく、アベノミクスのおかげでマーケットが熱かったもので、株式投資に熱中していました。が、昨日の株の暴落で目が覚め、少し株投資は手控えようと思います。昨日の急落は本当に怖かった....


ということで、2週間ほど前にレンタカーで行った、群馬サファリパークと四万温泉のことをアップしたいと思います。



群馬サファリパークに行ったのは火曜日です。平日なのでがらがらかなと思ったのですが、そこそこ人がいました。
群馬サファリパークでは、5つの入園方法があります。通常のサファリバス、ライオン等にエサをあげることができるエサやりバス、飼育係の人がオフロードカーを運転して案内してくれるレンジャーツアー、レンタカー(群馬サファリパークで貸してくれる)、マイカーのどれかで園内に入ることになります。


人気なのはエサやりバスみたいです。ライオンに餌やるなんて経験なかなかできないですしね。
私はマイカー(実際はレンタカーやさんで借りたレンタカー)で入ることにしました。一番安いし、エサやりバスとレンジャーツアーは次の時間までかなり待たないといけなかったので。あと、マイカーだと一周で足らなかったら何周でも回ることができるので。

レンタカーでサファリパーク入るのは結構勇気が必要でしたが、事前調査で群馬サファリパークではめったに動物に傷つけられたりすることがないとのことだったので、思い切って入ることにしました。

サファリパーク自体はそんなに大きくなくて、普通に車で一周するのは1時間もかかりません。でも、サファリパークの中にウオーキングゾーンっていう小さな動物園みたいな場所があって、そこで車を止めて動物を見ることができます。

P5140010.jpg

P5140007.jpg
ウサギを放し飼いにしてるコーナーがあって、そこでエサをあげられます。かわいいです。

P5140017.jpg
おっさんのようなミーアキャットです。

ウオーキングゾーンにはワイルドキャッツワールドというネコ科動物のコーナーがあります。
ネコ科動物が大好きな私にはたまらないコーナーです。

P5140025.jpg
ユキヒョウの檻を下から見れるようになってます。毛がふさふさだから夏はつらそう。

P5140063.jpg
チーターの子供たち。猫みたい。

P5140066.jpg
つぶらな瞳がたまりません。チーターの檻は木の板で囲まれているのですが、木の板の隙間から除くと目の前にチーターが見れたりします。l

P5140057.jpg
ライオンも木の板の隙間から見るとこんなに目の前に!

P5140043.jpg
天井がガラスになってるところがあって、そこで雌ライオンが寝てました。

P5140083.jpg
ホワイトタイガーもガラスの天井に乗ってました。この日は暑くてつらそうでした。

P5140091.jpg

P5140093.jpg
サファリゾーンの虎とライオンです。昼間は眠そう。

P5140098.jpg
雌ライオン。すごく近くまで近寄れました。

私はネコ科動物が好きなので、その写真しか撮っていませんが、もちろん他の動物もたくさんいます。

群馬サファリパーク、個人的にはとってもおすすめです。入園料は一人2400円と少し高いけど、東京都民の方は半額券があるので、ウェッブサイトからプリントアウトして是非持って行ってください。人数分の身分証明書(都民であることを証明するため)もお忘れなく!


サファリパークの後は、宿泊先の四万温泉、やまぐち館に向かいました。サファリパークから1時間30分くらいかかります。
やまぐち館の露天風呂はとっても良かったです。広くて、眺めも渓流が見えてとっても良くて。私たちは使いませんでしたが、有料の貸切露天とかもあります。
部屋からも渓流が見れてなかなか素敵でした。

食事は...まあまでした。まあ、1万3千500円でこの旅館に泊まれることを考えると、決して悪くはないと思います。谷の茶屋というところで食事をとれるコースにすれば美味しい料理が食べられたと思うのですが、いかんせん値段が1万円くらい高かったので。
間をとって1万8千円くらいでもうちょっといい料理を出してくれたらうれしいのですが。

あと、食事処が畳の大広間で、そこにテーブルと椅子を並べて、プライベートを配慮して衝立が置いてあるのですが、畳の部屋にテーブルと椅子なので見た目はあまりよくないです。
それと、となりの大広間では団体さんが大声でカラオケやっててそれがまる聴こえで、あまり夕食を楽しめる感じではなかったです。まあ、私たちは日本酒のんで酔っぱらってたからなんでもいいや状態でしたが。

でも値段を考えるととってもいい旅館だと思いますよ。ほんとに。とくに温泉は。

次の日は四万ダムと、県指定天然記念物の甌穴に行ってみました。

P5150102.jpg

P5150101.jpg
四万ダムの水の色はほんとーーーーに青くてとってもきれいでした! 水を青く見せる特殊な成分が入ってるみたいですね。

四万ダムは一周4キロくらいで、歩いて一周りすることもできます。私たちは何キロあるか知らないで歩いたので、途中でちゃんと戻ってこれるか心配になってしまいました
一周するといい運動になりますよ。

その後は甌穴に行きました。駐車場にお土産屋さんがあって、色々試食を勧められます

P5150117.jpg
これが甌穴。水の流れでできた穴です。四万側の水の色と合わせてとってもきれいでした。

P5150126.jpg
四万川の水の色は本当にきれい。


なかなか楽しい一泊旅行でした。群馬サファリパークにも、四万温泉にも是非もう一度行きたいと思います。

なぜこんなに円高なのか??

テレビに出てる偉そうなコメンテーターや評論家、訳の分からない政治家の円高に関しての説明はうんざり!!
日銀の消極性にもうんざり!!禁じ手、禁じ手とばかの1つ覚えのことしか言わないどこかの政党の人たちにもうんざり!
なぜ、大昔からある定説だけを信じて実情を見ようとしないのか?なぜ各国とのデータを比較してのリサーチをしないのか??

Why JPY is so strong? とググってみると、外国の人から見た日本円が強い理由が色々検索できます。日本の訳のわからないテレビの評論家や政治家が言ってることより遥かに理にかなったことを言ってます。

http://www.kitco.com/ind/Saville/20121010.html

このページでは、日本の最近やってる金融緩和は全く金融緩和ではない。みんな言葉にだまされてるだけ。実際に通貨供給量を他国と比較すると、日本の通貨供給量の増加がいかに少ないかわかる。20年で平均すると、年間2パーセントにすぎない。

https://mahifx.com/blog/why-jpy-is-so-strong-and-how-it-matters-to-the-wes

このページでは、スイスがスイスフランをユーロにペッグしている(スイスフランの動きをユーロの動きと同じになるように政府が調整する)のに、日本ができないのは政府がわざとそうしないようにしているといってます。

まさにその通りで、スイスがやっていることをなぜ日本ができない??多くの国では、USドルへのペッグをやってます。

なぜ日銀はこんなにもお金を供給していないのか?なぜ政府はプレッシャーをかけないのか?なぜマスコミはこぞって政府が日銀にプレッシャーをかけようとするとこぞって日銀の独立性うんぬんを言って非難するのか?
それは、多くの既得権者が保持しているのが日本国債だから。お金を供給しすぎれば、国債の価値が下がり、日本国債を大量保有している既得権益に影響が出るから。

他の国の人の意見を見ると、日本という国がよくわかってきます。

いままで国民のほとんどは、国にすべてを任せ、テレビの言うことを信じてきましたが、そんな時代は終わり、これからは自分で色々調べ考えて動かなければならないと思います。本当に日本は変わらなくてはいけない時が来ていると思います。


| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。